パッケージデザインはシリーズも予見して考えよう

一貫したパッケージデザインコンセプト商品開発をしてシリーズ化を考えるならば、パッケージデザインも重要になります。パッケージデザインが優れているだけで商品がバカ売れすることもありますが、逆にパッケージデザインがカッコ悪いと中身がいくら良くても売れない可能性も高くなります。店頭に商品がいくつか並んでいれば、お客さんは目を引くデザインで分かりやすいパッケージの方に目が行くため、売れ行きが大きく異なってくるわけです。

継続商品のパッケージデザイン

継続的に商品を開発する予定でパッケージデザインを考えるならば、まずブランディングを考える必要があります。ブランディングをする場合には時間がかかりますが、一度成功するとほかの会社の商品よりも高い値段で販売することが可能になります。この場合、パッケージデザインが非常に重要で、途中で大きくデザインを変更してしまうよりも、一つのデザインを貫ぬくか特徴のある部分だけでも毎回使い続けるべきです。ブランディングをする場合、シリーズ化しても統一感のあるデザインが重要な理由は、多少値段が高かったとしてもデザインだけ見て購入している人も多いからです。それにもかかわらず、途中で大きくパッケージデザインを変更してしまえば、中身がそれほど変わっていないのに全く別の商品と認識してしまう可能性があり、今まで購入し続けてきたお客さんの一部が離れてしまい、その商品からは遠ざかってしまうことになりかねません。

そうだとすれば、シリーズ化を予定する場合には一番最初のデザインを考えることに全力を注ぐくらいの気持ちが必要です。例えば、一つのキャラクターを使うことで、その商品のイメージを明確にさせていくことができれば、シリーズ化する場合もそのキャラクターをパッケージの中に入れることで、一目見ただけでシリーズの一つと判断でき、売り上げにつながります。キャラクターを使わない場合でも、ほかにはないような独特のデザインを利用することで、ほかの会社の商品との違いを明確化させることができるでしょう。また、ほかの会社の商品よりも値段を高く設定しても売れるようになるでしょう。

デザイン事務所などに相談するのも一つの手です。