ラベルやパッケージのデザインは商品開発と並行しよう

パッケージデザインと商品開発ラベルやパッケージは、商品の売れ行きに大きく影響を与えるため、綿密にデザインを考える必要が重要になるでしょう。デザインを考えるときには、商品開発と並行することでお互い影響を与え合うことになり、結果的に売れる商品にするために不可欠になります。

パッケージやラベルデザインはターゲットありき

ラベルやパッケージを考えるときにはターゲットを想定することが重要になります。この時、商品開発の方向性が定まっていなければそもそもラベルやパッケージをつくることができません。そのような意味においても商品開発と並行するメリットはあります。ターゲットを絞り込む場合には、まず男性に向けた商品なのかそれとも女性に向けた商品なのかによって色遣いまで変ってしまいます。もし男性向けの商品であれば、黒っぽいパッケージは紫のパッケージの方がよいでしょう。これに対して、ターゲットは女性の場合には黒っぽいイメージではなくやさしい色をイメージさせるラベルやパッケージが似合い、売れ行きに大きく関係してくるでしょう。

ラベルやパッケージと商品開発を並行した方がいいもうひとつの理由は、商品を保存する場合に関係があります。例えば、冷蔵品や冷凍品の場合は冷蔵庫に保存を必要としますが、保存するときに中身が劣化しないようなパッケージを考えなければなりません。すると、パッケージの形だけでなく材質も保存に適したものにしなければならず、それに合わせた素材を調達することが重要です。

また、持ち歩く場合もパッケージの素材が重要になるでしょう。例えばポケットに入れて持ち歩く小さなものであれば、商品が固いものであれば特にパッケージの素材は柔らかくて問題ありませんが、商品が壊れやすいものであれば、ハードカバーなどにすることで中身が壊れることを防止することにつながります。

ラベルに関しては、商品数が少ない場合は既製品に対して一つずつシールを貼っていく形になりますが、1000個以上を生産する場合にはシールではなく印刷した方が経費が少なくて済みます。

ロゴ作成 - ブランドロゴ・商品パッケージのロゴも重要な要素です