進むパッケージデザインのエコ化

エコなパッケージデザイン2買い求めたアイテムがしっかりとした箱に収められていると満足感が高まり物欲を尚更満たしてくれますが、そうした美しさと重厚感がある様子はエコの観点から見ると良くないものでありこれからの未来を考えてパッケージデザインの簡素化が進められています。

特にスニーカーなどが収められている箱は積み上げても壊れない丈夫なダンボール製ですが、厚みがあるダンボールを生み出したり型崩れしないようにキープさせるためには多量の接着剤を各部に使っていて資源の有効活用とは正反対です。

将来現在頼り切っている化石燃料が底をつく可能性も想定されており、今までと同じようなライフスタイルが営めなくなるため大量のガソリンを使って生成する接着剤や段ボール箱はできるだけ使わないようにしなければなりません。

再生可能なパッケージの開発

そこで良いサイクルをそのまま持続可能な社会にするには回収した箱を一度溶かしてもう一度再生成したり、植物由来の素材から生み出していく事が重要になります。こうしたパッケージデザインの簡素化はオーガニックのアイテムを取り扱うショップなどから人気が高まり始め、今では世界的な大手のスポーツブランドも実用化しています。

それまでの外箱に比べ使用している紙の量が70%も減らせた上に素材の特性上従来よりも軽量化させられたので、今までには無かった持ち手を作り新たなる持ち運び方を提案しました。

斬新でお洒落な持ち方であるので資源の有効活用と共に、持続可能な社会に積極的に取り組んでいるという良いイメージが与えられるようになりブランドの印象をより一層高められています。

またこれまでの通例を一度見直してみるのも大切であり、収納のために当たり前のように使っていたプラスチック製の入れ物を取り除き紙に切り替えてパッケージデザインの簡素化をすれば、消費者も捨てる物が減り負担が大幅に軽減させられます。

そのため再びお買い物をする機会があった時には負担軽減の恩恵を授かるために利用して頂けて、結果的にリピーターが増え売上が向上します。