ラベルデザインは見える範囲に気をつけよう

ラベルデザインについて2ラベルデザインは直接紙や缶、プラスチックに印刷されたものを除けば、ほとんどの商品にラベルシールが使われていることでしょう。しかしこのラベルデザインを制作する際には、様々な注意点があることを頭に入れておかなければなりません。多くの消費者が、スーパーやコンビニなどに入って今まで買ったことがない商品を購入しようと思った時に参考にするのが商品ラベルと言えます。事前にその商品の情報を持っていなければ、その商品のことを知るために頼れるものは商品ラベルしかありません。つまり消費者にとって商品のラベルは購買につながるかどうかの大きな要因となることでしょう。商品ラベルは中身について端的に表現する必要があり、多くの場合、写真やイラストなどのデザインがよく使用されています。

ラベルデザインの作成には様々な配慮が必要

また特売やイベントの販売などにおいては、通常の商品ラベルだけではなく、イベントを告知するラベルや、特売を分かりやすく表示するものを添付して、消費者の注意をひくこともあるでしょう。例えばワインなどの場合には、シリアルナンバーを印刷することによって希少性をアピールすることもできます。

食品においては、中身の特徴を表現するために、カラーシリーズデザインをよく使うことでしょう。特に商品のバラエティーが多い場合には、統一したデザインレイアウトをもちいたり、ブランドマークを付けることによってオリジナリティーを出し、そのうえで色の使い分けを利用することができます。

このようにラベルデザインには様々なことに配慮して作成する必要がありますが、基本的なポイントとして、ラベルの見える範囲は限られるということを頭に入れておかなければなりません。商品は多くの商品と隙間なく並べられることが多いですが、並べた時に消費者から見えるように視野を考えてデザインを考えなければなりません。特に円形のボトルは注意が必要で、長方形の長いラベルを作成したとしても、円形のボトルに貼り付けてしまうと、商品が並べられた時に真ん中の部分しか見えなくなってしまいます。このようなことも配慮したうえで、ラベルデザインを行うようにしましょう。