ロゴマークをデザインの作り方ではシンプルで白黒でも認識できることが大切です

会社や商品などにはロゴマークが描かれていることが多く、購入した人たちに様々なイメージを伝えるためデザインが重要になります。ロゴマークの作り方で大切になるのは、白黒でしっかりとイメージできることです。初めてロゴマークを作る人は、カラフルなデザインにすることが多くなります。華やかなイメージになると考えるためですが、ロゴマークを見た人から注目を集めることが難しくなるので注意しましょう。

 

白黒で印刷した時に、ロゴマークや文字が認識できることが重要です。カラフルにデザインをしてしまうと、白黒にした時にマークや文字などを判別できないこともあります。色を判別しにくい人もいるため、シンプルなカラーのすることが必要です。カラーを使う場合は、会社やお店などや取り扱う品物などのイメージに合わせて使うようにします。様々な場所で使われることを前提としてデザインすることも、重要なロゴマークの作り方の一つです。使われる場所は、お店の看板などから名刺や表札やカレンダーなど様々になります。

 

大きさも一つではなく、大きなものから大変小さなものまであるのが大きな特徴です。大きさに左右されず、遠方から認識しやすくデザインすることも大切になります。流行に左右されず著作権などを侵害しないことも、ロゴマークを作る時には重要です。