チラシのデザインを依頼する際の注意点

ごちゃごちゃした印象のチラシが目に入ると、読まずに捨ててしまう人も多いものです。このようにチラシのデザイン次第で、手に渡った人が読んでみようかなという気持ちにさせることも可能です。

 

チラシのデザインを依頼する際の注意点としては、まず第一に情報を入れすぎないということが挙げられます。ごちゃごちゃした印象を与えるチラシの多くは、情報を入れ過ぎているといえるでしょう。日常生活でチラシを読むための時間はそう多くはありません。そのため必要最低限の情報に絞り込むことで、気軽に読んでみようと感じた消費者が増えるといえます。また情報が少ないことでもっと知りたいと興味を持つきっかけにもなります。大切なことは情報を入れ過ぎずに、シンプルにまとめるということです。

 

そして適度に余白を残すことを意識しましょう。余白がなくつまったような印象を与えるチラシは、一気に読む気がなくなってしまうでしょう。窮屈な印象を与えてしまうと、読まれないどころか悪い印象を持たれてしまう可能性もあります。チラシのデザインに適度な余白を入れることにより、消費者が情報を処理するスピードを上げることにもつながります。このようなデザインは確実に読んでもらえる確率が高まるといえるでしょう。