パッケージデザインが最後の広告と言われる理由

パッケージデザインが最後の広告

広告は商品の存在を一般消費者に知ってもらうために必要不可欠な物です。魅力的な家電製品や最新技術を集結して製造したスマートフォンなども、広告を制作し世間の人々にPRしなければ、そもそも存在を広く認知されません。なぜ有名企業がテレビCMを毎日のように行っているのか、この答えは簡単です。不特定多数の一般消費者に向けて広く自社の製品やサービスを知ってもらい、競合他社への顧客獲得競争に打ち勝つためです。

商品パッケージも立派な広告デザイン

広告には色々な種類がありますが、商品パッケージデザインもまた立派な広告であり、業界では最後の広告とも言われています。テレビやネット動画でのPRは商品の存在を広く浅く一般消費者に知ってもらうための手法であり、言わば最初の広告です。一方で商品パッケージを一般消費者が見るのは量販店などの店頭です。既にお買い物をする最後の最後の段階であり、手に取った上で買うか買わないかの最終結論を出そうとする時、デザインの良さで売り上げが変わります。

最近の一般消費者は先にネットの情報サイトで色々な製品の情報を仕入れています。あまり店頭で色々な製品を取捨選択するのではなく、予め自宅で比較検討していた二つ、三つ程度の製品に限り店頭で手に取ります。実は一般消費者が数十の案から数個の選択肢まで絞り込んだ時点で、製品間の純粋なスペック差はありません。

最後の判断/選択はパッケージデザイン

パッケージデザインが良い製品が店頭で一般消費者に選ばれるのは、既にそこまでにスペックやコストパフォーマンスの面の比較検討が済んでおり、最後の最後は商品の箱が可愛いか、魅力的なコピーや自分の好きなマスコットキャラクターが描かれているか、という非常に感覚的な世界になります。今日世間的に大ヒットしている製品は例外なく魅力的な商品パッケージをしています。

素晴らしいポテンシャルを持っていたにも関わらず商品パッケージがシンプル過ぎて一般消費者の目に留まらず、後にパッケージデザインを刷新したところ爆発的なヒットにつながった、という事例は枚挙にいとまがありません。

パッケージデザイン依頼

パッケージ制作はPACK LABO

ラベルデザイン作成料金

ラベル制作ならお任せください

グラフィックデザインの外注なら

チラシ/ポスター/各種印刷物の作成

ラベルデザインは見える範囲に気をつけよう

ラベルデザインは直接紙や缶、プラスチックに印刷されたものを除けば、ほとんどの商品にラベルシールが使われていることでしょう。しかしこのラベルデザインを制作する際には、様々な注意点があることを頭に入れておかなければなりません。多くの消費者が、スーパーやコンビニなどに入って今まで買ったことがない商品を購入しようと思った時に参考にするのが商品ラベルと言えます。

進むパッケージデザインのエコ化

買い求めたアイテムがしっかりとした箱に収められていると満足感が高まり物欲を尚更満たしてくれますが、そうした美しさと重厚感がある様子はエコの観点から見ると良くないものでありこれからの未来を考えてパッケージデザインの簡素化が進められています。特にスニーカーなどが収められている箱は積み上げても壊れない丈夫なダンボール製ですが、厚みがあるダンボールを生み出したり型崩れしないようにキープさせるためには多量の接着剤を各部に使っていて資源の有効活用とは正反対です。

ラベルやパッケージのデザインは商品開発と並行しよう

ラベルやパッケージは、商品の売れ行きに大きく影響を与えるため、綿密にデザインを考える必要が重要になるでしょう。デザインを考えるときには、商品開発と並行することでお互い影響を与え合うことになり、結果的に売れる商品にするために不可欠になります。ラベルやパッケージを考えるときにはターゲットを想定することが重要になります。この時、商品開発の方向性が定まっていなければそもそもラベルやパッケージをつくることができません。

パッケージデザインはシリーズも予見して考えよう

商品開発をしてシリーズ化を考えるならば、パッケージデザインも重要になります。パッケージデザインが優れているだけで商品がバカ売れすることもありますが、逆にパッケージデザインがカッコ悪いと中身がいくら良くても売れない可能性も高くなります。店頭に商品がいくつか並んでいれば、お客さんは目を引くデザインで分かりやすいパッケージの方に目が行くため、売れ行きが大きく異なってくるわけです。